コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住む/棲む/栖む スム

デジタル大辞泉の解説

す・む【住む/×棲む/×栖む】

[動マ五(四)]
家や場所をきめて、常にそこで生活する。居住する。「空気のよい所に―・みたい」「―・む家もない」
ある領域に身を置く。生きている。「我々とは別世界に―・んでいる人」
(棲む)動物が巣を作って、その中で生活する。生息する。「水辺に―・む鳥」
(妻問婚(つまどいこん)が行われていた時代に)男が夫として女の家に通う。
「越前守の思ひて時々―・みける」〈落窪・三〉
[可能]すめる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

住む/棲む/栖むの関連キーワード一つ屋根の下に住む市井の人山家住い市井の臣住場所居留民上方者妻問婚修羅窟衆生界神仙境越前守人間界百姓家里童居屋京人村民帝居丘壑

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android