コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

居然 キョゼン

デジタル大辞泉の解説

きょ‐ぜん【居然】

[ト・タル][文][形動タリ]座って動かないさま。じっとしているさま。
「―たる一宿儒を以て、朝野の重んずるところたり」〈露伴運命

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょぜん【居然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
じっとしているさま。座って動かないさま。いながら。ひとりでに。 「及ぶものなければ、-として第一等の称を得たりける/西国立志編 正直
することがなく退屈なさま。つれづれ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

居然の関連キーワード西国立志編トタル一宿

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android