居然(読み)キョゼン

デジタル大辞泉の解説

きょ‐ぜん【居然】

[ト・タル][文][形動タリ]座って動かないさま。じっとしているさま。
「―たる一宿儒を以て、朝野の重んずるところたり」〈露伴運命

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょぜん【居然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
じっとしているさま。座って動かないさま。いながら。ひとりでに。 「及ぶものなければ、-として第一等の称を得たりける/西国立志編 正直
することがなく退屈なさま。つれづれ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android