居然(読み)キョゼン

デジタル大辞泉の解説

きょ‐ぜん【居然】

[ト・タル][文][形動タリ]座って動かないさま。じっとしているさま。
「―たる一宿儒を以て、朝野の重んずるところたり」〈露伴運命

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょぜん【居然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
じっとしているさま。座って動かないさま。いながら。ひとりでに。 「及ぶものなければ、-として第一等の称を得たりける/西国立志編 正直
することがなく退屈なさま。つれづれ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょ‐ぜん【居然】

〘形動タリ〙
① 安らかなさま。〔詩経‐大雅・生民〕
② すわって動かないさま。物に動じないさま。どっしりとしたさま。
※日本外史(1827)五「夫以一兵衛尉、而居然以天下之重自任」 〔史記‐始皇本紀〕
③ することがなく、退屈なさま。〔高適‐酬岑二十主簿秋夜見贈之作詩〕
④ いながらにして。そのまま。
※詩家推敲(1799)下「然は自然といふが如し」 〔左思‐三都賦序〕
⑤ 突然。思いがけず。ゆくりなくも。
※凌雲集(814)久在外国晩年帰学、知旧零落已無其人、聊以述懐。簡山請益菅原五郎、桃李之報豈無壊〈林娑婆〉「忘筌無故友、傾盖有新期、欲平生事、居然涙不持」 〔駱賓王‐帝京篇〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

居然の関連情報