朝野(読み)チョウヤ

  • ちょうや テウ‥
  • ちょうや〔テウ〕

デジタル大辞泉の解説

朝廷と民間。また、官民。
「―の有力者を訪問する」〈荷風・雨瀟瀟〉
世間。天下。「信を朝野に問う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

朝廷と民間。政府と民間。官民。 -の名士が一堂に集まる
世間。天下。全国。 -の人心を驚かす

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 朝廷と民間。官民。
※懐風藻(751)山斎〈中臣大島〉「各得朝野趣、莫論攀桂期」
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉王政維新「扨慶喜さんが京都から江戸に帰て来たと云ふ其時にはサア大変、朝野(テウヤ)共に物論沸騰して」 〔晉書‐杜預伝〕
② 世間。天下。全国。
※本朝文粋(1060頃)一三・村上天皇供養雲林院塔願文〈大江維時〉「朝野巻霧。皆戴三光之精明
※地蔵菩薩霊験記(16C後)六「霊感無双にして朝野(テウヤ)にかくれなし」 〔毛詩正義‐序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝野の関連情報