コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屛風土代 びょうぶどだい

世界大百科事典 第2版の解説

びょうぶどだい【屛風土代】

平安時代の能書小野道風の筆蹟。巻子本の行書の詩巻で,宮内庁蔵。屛風土代とは,屛風に清書するにあたっての土代,下書きの意味である。道風の署名はないが,奥書藤原定信が保延6年(1140)にこの書を入手した際に記した識語がある。それによると本書は,延長6年(928)道風が勅命によって,宮中の屛風に書写したときの下書きで,大江朝綱の詩を書いたもの。この鑑定の内容は,《日本紀略》の記事とも合致し,本書は道風の真筆とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

屛風土代の関連キーワード平安時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android