山の幸(読み)ヤマノサチ

デジタル大辞泉の解説

やま‐の‐さち【山の幸】

やまさち1」に同じ。⇔海の幸
[補説]作品名別項。→山の幸

やまのさち【山の幸】[絵画]

東郷青児による壁画。京都丸物百貨店の大食堂のを飾ったもので、昭和11年(1936)の作品。背景に、果物の入ったを持つエプロン姿の二人の女性を描く。藤田嗣治による「海の幸」とになっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山の幸の関連情報