コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海の幸 ウミノサチ

デジタル大辞泉プラスの解説

海の幸

日本の画家、青木繁の絵画(1904)。明治後期に活躍し、放浪の後に夭逝した洋画家、青木繁の代表作の一つ。『わだつみのいろこの宮』と並んで広く知られる。東京藝術大学大学美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

海の幸の関連キーワード青木繁(1882~1911)伊勢志摩国立公園からすみ(菓子)スモーガスボード志摩観光ホテルスプラトゥーン虎杖浜たらこ渡辺 喜恵子網走湖畔温泉イタリア料理紀宝(町)ちらしずし石橋美術館渡辺喜恵子大綿津見神高橋忠之青木 繁葛城ユキ早岐瀬戸ばらずし

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海の幸の関連情報