コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山中惣左衛門 やまなか そうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山中惣左衛門 やまなか-そうざえもん

1836-1920 幕末-明治時代の農業指導者。
天保(てんぽう)7年7月13日生まれ。イネの品種と農具の改良にとりくむ。田植えを乱植から正条(せいじょう)植えにかえ,苗を6尺(約1.8m)幅に6ヵ所うえる方法を生地の滋賀県下田上(しもたなかみ)村(大津市)にひろめ,増収に役立てた。明治33年村長。大正9年4月19日死去。85歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

山中惣左衛門 (やまなかそうざえもん)

生年月日:1836年7月13日
江戸時代後期;末期;明治時代の農業指導者
1920年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

山中惣左衛門の関連キーワード明治時代生年月日末期幕末天保

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android