コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山中成太郎 やまなか なりたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山中成太郎 やまなか-なりたろう

1824-1895 幕末の商人。
文政7年生まれ。豪商鴻池(こうのいけ)の一族で,大名貸を業とする。大久保要(かなめ),鵜飼吉左衛門らとまじわり尊攘(そんじょう)運動にはいる。薩長両藩の仲介をするなど各地を奔走し,財産をつかいはたした。明治28年8月26日死去。72歳。京都出身。変名は佐々木寛蔵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山中成太郎の関連キーワード日清戦争史(年表)ウェーラー西部開拓史/活躍した「英雄」たち深刻小説ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)日清戦争樋口一葉レントゲン(Wilhelm Konrad Röntgen)バレーラ観念小説

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android