山入与義(読み)やまいり ともよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山入与義 やまいり-ともよし

?-1422 室町時代の武将。
佐竹師義(もろよし)の子。佐竹山入家3代目。宗家佐竹義人と対立し,上杉禅秀の乱では禅秀方について,宗家とその後ろ楯の足利持氏軍に敗れる。和解のすすめもききいれなかったため,応永29年閏(うるう)10月13日持氏に攻められ自刃(じじん)した。常陸(ひたち)(茨城県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やまいりともよし【山入与義】

?‐1422(応永29)
室町時代の武士。山入氏の祖佐竹師義の子。上総介,入道して常元。父師義のときから室町幕府と密接な関係を結び,親鎌倉府派の佐竹宗家と常陸奥7郡支配の指導権をめぐって対立。1416年(応永23)上杉禅秀の乱に際して禅秀方に属し,足利持氏,佐竹義憲と交戦したが敗れて持氏に下った。その後も両者の対立関係が続いたが,22年鎌倉比企谷で持氏に殺された。【市村 高男】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android