コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山入与義 やまいり ともよし

2件 の用語解説(山入与義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山入与義 やまいり-ともよし

?-1422 室町時代の武将。
佐竹師義(もろよし)の子。佐竹山入家3代目。宗家の佐竹義人と対立し,上杉禅秀の乱では禅秀方について,宗家とその後ろ楯の足利持氏軍に敗れる。和解のすすめもききいれなかったため,応永29年閏(うるう)10月13日持氏に攻められ自刃(じじん)した。常陸(ひたち)(茨城県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

やまいりともよし【山入与義】

?‐1422(応永29)
室町時代の武士。山入氏の祖佐竹師義の子。上総介,入道して常元。父師義のときから室町幕府と密接な関係を結び,親鎌倉府派の佐竹宗家と常陸奥7郡支配の指導権をめぐって対立。1416年(応永23)上杉禅秀の乱に際して禅秀方に属し,足利持氏,佐竹義憲と交戦したが敗れて持氏に下った。その後も両者の対立関係が続いたが,22年鎌倉比企谷で持氏に殺された。【市村 高男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山入与義の関連キーワード末次伊作勝久一関周玄兼覚公顕(2)寿阿弥貞舜寺尾憲清東坊城長遠松田満秀

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone