コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐竹師義 さたけ もろよし

1件 の用語解説(佐竹師義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐竹師義 さたけ-もろよし

?-1351? 南北朝時代の武将。
佐竹貞義(さだよし)の子。足利氏につかえ,尊氏(たかうじ)が九州に敗走した際にもしたがう。建武(けんむ)3=延元元年の筑前(福岡県)多々良浜の戦いでは,足利直義(ただよし)に属してたたかう。それらの功績により常陸(ひたち)(茨城県)山入(やまいり)に領地をえた。観応(かんのう)2=正平(しょうへい)6年?死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐竹師義の関連キーワード正平一統慕帰絵詞紅巾の乱浄土真宗戦争孤児覚如紅巾の乱五葉山フィロズシャー慕帰絵詞

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone