コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐竹師義 さたけ もろよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐竹師義 さたけ-もろよし

?-1351? 南北朝時代の武将。
佐竹貞義(さだよし)の子。足利氏につかえ,尊氏(たかうじ)が九州に敗走した際にもしたがう。建武(けんむ)3=延元元年の筑前(福岡県)多々良浜の戦いでは,足利直義(ただよし)に属してたたかう。それらの功績により常陸(ひたち)(茨城県)山入(やまいり)に領地をえた。観応(かんのう)2=正平(しょうへい)6年?死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐竹師義の関連キーワード南北朝時代山入与義佐竹貞義

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android