コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山内万寿治 やまのうち ますじ

2件 の用語解説(山内万寿治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内万寿治 やまのうち-ますじ

1860-1919 明治時代の軍人。
万延元年3月29日生まれ。安芸(あき)広島藩士の子。ヨーロッパに留学して兵器製造を研究,山内式速射砲などを考案した。呉海軍工廠長,呉鎮守府司令長官を歴任。明治38年海軍中将。貴族院議員日本製鋼所会長をつとめたが,シーメンス事件に関係して隠退した。大正8年9月18日死去。60歳。海軍兵学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山内万寿治

没年:大正8.9.18(1919)
生年:万延1.3.29(1860.4.19)
明治期の海軍軍人。広島藩士山内仁右衛門,こうの次男。明治6(1873)年平民出身者として初めて海軍兵学寮(のち海軍兵学校)に入学,12年に首席で卒業。同期に斎藤実,坂本俊篤。17年ドイツ,オーストリアに留学して兵器製造を研究し,日清戦争(1894~95)時には呉(呉市)の大砲製造工場の整備促進を求めて伊藤博文首相と直談判,承認を得るやヨーロッパに出張して機械を買いつけ速射砲製造工場を完成した。戦後には大砲の材料や装甲板を作る製鋼工場の建設を図ったところ,八幡製鉄所との二重投資だとする反対論が起こり,これに対して第15,16議会で説明に努め,予算案を通過に導いた。日露戦争(1904~05)に際しては呉海軍工廠長として装甲巡洋艦の建造を主張,監督して主力艦国産化への道を開いた。38年中将,40年男爵。戦後は鎮守府司令長官を務める一方,日本製鋼所,神戸製鋼所など民間企業の育成に努め,43年予備役編入後は貴族院議員,日本製鋼所会長。海軍の造兵,製鋼部門,さらには民間鉄鋼業への貢献は大きかったが,兵器輸入商の高田商会やイギリスアームストロング社などの業者との関係の深さも噂された。シーメンス事件(1914)に際しては検事小原直の取り調べを受け,帰宅後拳銃自殺をはかる。起訴はされなかったが,大正4(1915)年依願免官。<参考文献>鈴木淳「山内万寿治」(『日本歴史』1990年1月号),小原直『小原直回顧録』

(鈴木淳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山内万寿治の関連キーワード伊集院兼寛仁右衛門島広瀬武夫安保清康坂本俊篤檜垣五右衛門平野勇平野仁右衛門真木長義吉河為久蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone