コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山内康豊 やまうち やすとよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内康豊 やまうち-やすとよ

1549-1625 織豊-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)18年生まれ。山内一豊(かずとよ)の弟。関ケ原の戦いののち一豊が土佐一国をあたえられたとき,先発して藩政の基礎がためをおこない,慶長6年2万石を分与され中村山内家初代となる。兄の施政をたすけ,のち2代高知藩主となった子の忠義(ただよし)の後見をつとめた。寛永2年8月29日死去。77歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。通称は匠作,修理亮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山内康豊の関連キーワード多田五郎右衛門山内忠義山崎闇斎山内政豊

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android