コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山内政豊 やまうち まさとよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内政豊 やまうち-まさとよ

1598-1629 江戸時代前期の大名。
慶長3年生まれ。山内康豊の次男。山内忠義の弟。幼少より相模(さがみ)小田原などで十余年の人質生活をおくり,慶長18年土佐(高知県)へ入国。兄忠義の高知藩主2代就任で,父康豊がその後見となったことにより,寛永3年中村山内家2代となった。寛永6年4月8日死去。32歳。名は良豊とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山内政豊の関連キーワードチャップマン太閤検地ロドリゲスシャー・アッバース[1世]明正天皇アッバース1世マリヤック女歌舞伎ベラスケスマサチューセッツ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android