コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山内豊雍 やまうち とよちか

美術人名辞典の解説

山内豊雍

土佐藩主。江戸生。通称松之丞・国松・筑後守・土佐守、字は君粛、名は峰善・恭豊・厚雍、号は蘭稀・南邦。冷泉為村に師事。国歌に長じた。山内家の中興の名主。寛政元年(1789)歿、40才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内豊雍 やまうち-とよちか

1750-1789 江戸時代中期の大名。
寛延3年1月6日生まれ。山内豊敷(とよのぶ)の4男。明和5年土佐高知藩主山内家9代となる。谷真潮(ましお),尾池春水(はるみ),馬詰親音(うまづめ-もとね)らを登用し,倹約の断行,問屋制の廃止,五人組の強化による農村の再建など,天明の改革をおこなった。寛政元年8月24日死去。40歳。初名は峰善(たかよし),のち恭豊(ゆきよし)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山内豊雍の関連キーワード山内豊産山内豊策川村一瓢

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android