コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山内豊雍 やまうち とよちか

2件 の用語解説(山内豊雍の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

山内豊雍

土佐藩主。江戸生。通称松之丞・国松・筑後守・土佐守、字は君粛、名は峰善・恭豊・厚雍、号は蘭稀・南邦。冷泉為村に師事。国歌に長じた。山内家の中興の名主。寛政元年(1789)歿、40才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内豊雍 やまうち-とよちか

1750-1789 江戸時代中期の大名。
寛延3年1月6日生まれ。山内豊敷(とよのぶ)の4男。明和5年土佐高知藩主山内家9代となる。谷真潮(ましお),尾池春水(はるみ),馬詰親音(うまづめ-もとね)らを登用し,倹約の断行,問屋制の廃止,五人組の強化による農村の再建など,天明の改革をおこなった。寛政元年8月24日死去。40歳。初名は峰善(たかよし),のち恭豊(ゆきよし)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

山内豊雍の関連キーワード青木一都安部信平池田澄延板倉勝従片桐貞音相良福将堀田正富牧野明成松平勝全森俊韶

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone