山口睦斎(読み)やまぐち ぼくさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口睦斎 やまぐち-ぼくさい

1787-1859 江戸時代後期の儒者。
天明7年生まれ。大坂篠崎小竹,京都の頼(らい)山陽らに儒学を,京都の大江広海(ひろみ)に国学をまなぶ。大坂で不遇の年月をすごし,晩年郷里の淡路(あわじ)(兵庫県)にかえった。安政6年7月死去。73歳。名は之謙。字(あざな)は君享。別号南浦。著作に「淡路廃帝山陵二所考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android