コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口睦斎 やまぐち ぼくさい

1件 の用語解説(山口睦斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口睦斎 やまぐち-ぼくさい

1787-1859 江戸時代後期の儒者。
天明7年生まれ。大坂の篠崎小竹,京都の頼(らい)山陽らに儒学を,京都の大江広海(ひろみ)に国学をまなぶ。大坂で不遇の年月をすごし,晩年郷里の淡路(あわじ)(兵庫県)にかえった。安政6年7月死去。73歳。名は之謙。字(あざな)は君享。別号に南浦。著作に「淡路廃帝山陵二所考」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山口睦斎の関連キーワード寛政の改革光の科学史寛政改革フェデラリスツ桂川甫粲緑色岩森羅万象和田厳足本因坊丈和シーボルト

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone