山口草堂(読み)やまぐち そうどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口草堂 やまぐち-そうどう

1898-1985 昭和時代の俳人。
明治31年7月27日生まれ。水原秋桜子に師事し,昭和6年「馬酔木(あしび)」に参加。大阪馬酔木会をおこし,10年「南風」を創刊,主宰。生きる証(あかし)としての俳句を提唱した。52年「四季蕭嘯(しょうしょう)」で蛇笏(だこつ)賞。昭和60年3月3日死去。86歳。大阪出身。早大中退。本名は太一郎。句集に「帰去来」など。
【格言など】雲凌ぐ大杉鷹の羽かかり(「四季蕭嘯」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android