山口西成(読み)やまぐちの にしなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口西成 やまぐちの-にしなり

802-864 平安時代前期の官吏。
延暦(えんりゃく)21年生まれ。平安右京(京都)の人。承和(じょうわ)の初めに大学の直講(教官)となる。嘉祥(かしょう)2年渤海(ぼっかい)の使者をむかえるため加賀(石川県)に派遣される。助教に昇進後,大和介(やまとのすけ),紀伊(きいの)介をつとめた。貞観(じょうがん)6年1月17日死去。63歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android