コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山名義範 やまな よしのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山名義範 やまな-よしのり

?-1219? 鎌倉時代の武将。
新田義重の子。上野(こうずけ)(群馬県)山名郷に居住したことから山名を称し,山名氏の祖となる。源頼朝にしたがい,平家追討,奥州攻めに従軍。建久6年頼朝の参内の供にくわわった。建保(けんぽ)7年2月?死去。通称は山名冠者,三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山名義範の関連キーワード山名重国

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android