コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山名豊国 やまな とよくに

2件 の用語解説(山名豊国の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

山名豊国

安土桃山時代の武将。豊定の三男。初名は元豊。入道して後は禅高と号した。従五位下中務大輔に叙任し、因幡の守護となった。豊臣秀吉に降して仕えた後、徳川家康に仕え、関ヶ原の戦に従軍した。和歌・連歌・将棋を能くし、茶湯の造詣も深かった。寛永3年(1626)歿、79才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山名豊国 やまな-とよくに

1548-1626 織豊-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)17年生まれ。兄山名豊数が家臣にうばわれた因幡(いなば)鳥取城をとりもどし,因幡守護となる。天正(てんしょう)8年豊臣秀吉に降伏し御伽(おとぎ)衆となり,秀吉没後は徳川家康・秀忠につかえた。和歌,茶の湯などにも造詣(ぞうけい)がふかかった。寛永3年10月7日死去。79歳。初名は元豊。法名は禅高。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の山名豊国の言及

【山名氏】より

…南北朝・室町時代の守護大名(図)。室町幕府の四職(ししき)家の一つ。上野国山名郷を名字の地とする新田氏一族(義重の子義範が祖)であるが,元弘の乱で山名政氏,山名時氏父子は足利高氏(尊氏)に従い活躍する。1337年(延元2∥建武4)には時氏が伯耆の守護職に補任され,名和氏ら南朝勢力を一掃する。観応の擾乱(かんのうのじようらん)期には時氏は直義(ただよし)党に属して分国伯耆に拠り,足利直義の養子直冬(ただふゆ)を盟主とし,文和年間(1352‐56)には2度にわたって南朝軍として京都に攻め込み,一時占領する。…

※「山名豊国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山名豊国の関連キーワード有節瑞保織田信益金春元信順専正玄正山雪林竹谷彦兵衛等木古田斎宮(初代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山名豊国の関連情報