山吹織(り)(読み)ヤマブキオリ

精選版 日本国語大辞典の解説

やまぶき‐おり【山吹織】

〘名〙 紋繻子の一種。経(たていと)に絹糸、緯(よこいと)にガス糸または木綿糸を用いて織り、緯をもって紋を表わすもの。女物の帯地に用いる。京都、桐生などに産する。
※名張少女(1905)〈田山花袋〉三「其婦人は鼠色勝の滝縞銘仙に葡萄色の山吹織の帯をした若い女で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android