葡萄色(読み)えびいろ

色名がわかる辞典の解説

えびいろ【葡萄色】

色名の一つ。葡萄えびぞめともいう。ややみを帯びた薄い色。葡萄を「えび」と読むのはヤマブドウの古名で、エビカズラのこと。ヤマブドウの熟した果実のような色をさす。染色はムラサキ科ムラサキソウを用いた。奈良時代からあった色で、平安時代に好まれたとされ、薄めの赤紫から濃い赤紫まで幅がある。かさね色目いろめの名でもあり、表は蘇芳すおう、裏ははなだ

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えび‐いろ【葡萄色】

〘名〙 (えびかずらの熟した実の色の意。一説にイセエビの色) 赤みを帯びた紫色。えび。
※装束集成(1754頃か)七「普広院将軍、若宮祭礼ノ日、山科宰相、蒲萄色ノ狩衣、織色指貫」
※随筆・守貞漫稿(1837‐53)一五「古は葡萄色をゑびいろと訓ず、紫に近き色也」

ぶどう‐いろ ブダウ‥【葡萄色】

〘名〙 葡萄の熟した実のような、赤みがかった紫色。えびいろ。葡萄紫。
※俳諧・御傘(1651)一「衣裳の色の花木〈略〉是は衣裳に桜重・柳のきぬ・やまふき・ふとう色など有も、季をば持て植物にはならずという儀也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android