コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葡萄色 えびいろ

色名がわかる辞典の解説

えびいろ【葡萄色】

色名の一つ。葡萄えびぞめともいう。ややみを帯びた薄い色。葡萄を「えび」と読むのはヤマブドウの古名で、エビカズラのこと。ヤマブドウの熟した果実のような色をさす。染色はムラサキ科ムラサキソウを用いた。奈良時代からあった色で、平安時代に好まれたとされ、薄めの赤紫から濃い赤紫まで幅がある。かさね色目いろめの名でもあり、表は蘇芳すおう、裏ははなだ

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えび‐いろ【葡萄色】

赤みを帯びた紫色エビカズラの熟した実の色。また、イセエビの色とも。

ぶどう‐いろ〔ブダウ‐〕【××萄色】

熟した葡萄の実のような、赤みがかった紫色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えびいろ【葡萄色】

えび(葡萄)」に同じ。

ぶどういろ【葡萄色】

よく熟した葡萄の実の色。赤黒い紫色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

葡萄色の関連キーワードこっくり

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android