コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山岡景以 やまおか かげもち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山岡景以 やまおか-かげもち

1574-1642 織豊-江戸時代前期の武将。
天正(てんしょう)2年生まれ。山岡景隆の7男。天正16年豊臣秀次の側近となるが,文禄(ぶんろく)4年秀次の自刃(じじん)後は秀吉につかえた。のち徳川家康に属し,8年叔父山岡景友の遺領をつぐ。大坂の陣に従軍,寛永13年近江(おうみ)(滋賀県)水口(みなくち)城番をつとめた。寛永19年6月4日死去。69歳。名は景行,景継,景之とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山岡景以の関連キーワード安土桃山時代(年表)シャルルソテロ真田幸隆アンリ[3世]フランチェスコ1世[メディチ家]ベラール王国総合年表(アメリカ)コルネイユサン=マール

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android