山崎信之介(読み)やまざき しんのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎信之介 やまざき-しんのすけ

1842-1861 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)13年生まれ。生家常陸(ひたち)(茨城県)久慈郡の農家。水戸にでて攘夷論に共鳴する。江戸高輪(たかなわ)東禅寺のイギリス公使館襲撃にくわわったが失敗におわり,文久元年5月28日自刃(じじん)した。20歳。名は信義,一説に義峯とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android