山崎片家(読み)やまざき かたいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎片家 やまざき-かたいえ

1547-1591 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)16年生まれ。織田信長,のち羽柴(豊臣)秀吉にしたがう。天正(てんしょう)10年近江(おうみ)(滋賀県)山崎城主から摂津(せっつ)三田(さんだ)城(兵庫県)城主となる。2万3000石。小牧長久手の戦い,小田原攻めなどに出陣した。天正19年3月28日死去。45歳。名は堅家ともかき,秀家(ひでいえ)ともいう。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android