コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎貞一 やまざき ていいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎貞一 やまざき-ていいち

1909-1998 昭和時代の化学技術者,経営者。
明治42年8月5日生まれ。昭和12年東京電気化学工業(現TDK)に入社。22年社長,44年会長。磁性材料としてのフェライトの開発にとりくみ,12年通信用部品として完成させた。戦後もラジオ,テレビへの使用など,フェライトの需要拡大につとめた。平成10年11月20日死去。89歳。静岡県出身。東京工業大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山崎貞一の関連キーワード藤吉好則宮崎照宣吉野彰

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android