山本 夏彦(読み)ヤマモト ナツヒコ

20世紀日本人名事典の解説

山本 夏彦
ヤマモト ナツヒコ

昭和・平成期のコラムニスト,作家 工作社代表取締役;「室内」編集・発行人。



生年
大正4(1915)年6月15日

没年
平成14(2002)年10月23日

出生地
東京・下谷根岸

学歴〔年〕
東京府立五中卒,ユニヴェルシテ・ウヴリエール(フランス)修了

主な受賞名〔年〕
菊池寛賞(第32回)〔昭和59年〕,読売文学賞(第41回・評論伝記賞)〔平成2年〕「無想庵物語」,市川市民文化賞(第2回)〔平成10年〕

経歴
父は詩人の山本露葉。昭和5年父の友人だった詩人で小説家の武林無想庵に連れられ渡仏、ユニヴェルシテ・ウヴリエールに学ぶ。8年帰国。22年「中央公論」に発表した「年を歴た鰐の話」で注目を浴びる。出版社勤務を経て、25年工作社を主宰、29年株式に改組。30年1月月刊インテリア専門誌「木工界」(36年「室内」と改題)を創刊し、以来編集にあたった。一方、週刊新潮、文芸春秋などにコラムを連載、世相を鋭く風刺した辛口コラムで知られた。59年第32回菊池寛賞を受賞。著書に「笑わぬでもなし」「日常茶飯事」「茶の間の正義」「変痴気論」「冷暖房ナシ」「恋に似たもの」「世はいかさま」「戦前という時代」「生きている人と死んだ人」「最後の人」「『豆朝日新聞』始末」「死ぬの大好き」や自伝「無想庵物語」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

山本 夏彦 (やまもと なつひこ)

生年月日:1915年6月15日
昭和時代;平成時代のコラムニスト;作家
2002年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山本 夏彦の関連情報