コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武林無想庵 たけばやし むそうあん

美術人名辞典の解説

武林無想庵

小説家。翻訳家。名磐雄のち盛一。東大芸文科中退。在学中より小山内蕉らと『七人』を創刊し、柳田国雄らの「竜子会」に参加する。ドーデの翻訳を通じて大正ダダイズムの先駆けとなり、1920年ヨーロッパを放浪。34年に帰国、43年に緑内障から盲目となるが、戦後ゾラの作品を翻訳する。著書『結婚礼讃』随筆集『文明病患者』等がある。昭和37年(1962)歿、82才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

武林無想庵【たけばやしむそうあん】

小説家,翻訳家。本名,磐雄,のち盛一。札幌市生れ。東大英文科中退。辻潤らとともに大正期のデカダンスダダイスムを代表する存在。自らの放浪,放蕩生活を赤裸々に綴った《性欲の触手》などを発表。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武林無想庵 たけばやし-むそうあん

1880-1962 明治-昭和時代の小説家,翻訳家。
明治13年2月23日生まれ。36年小山内薫(おさない-かおる)らと同人誌「七人」を創刊。ダダイスト辻潤(じゅん)らとまじわる。大正9年中平文子と結婚し渡仏,以後離婚にいたる放浪生活を「性慾の触手」「飢渇信」などにえがく。戦後共産党に入党。昭和37年3月27日死去。82歳。北海道出身。東京帝大中退。旧姓は三島。本名は磐雄,のち盛一。著作に「むさうあん物語」,訳書にドーデ「サフォ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武林無想庵
たけばやしむそうあん

[生]1880.2.23. 札幌
[没]1962.3.27. 東京
小説家,翻訳家。本名,磐雄。東京大学英文科中退。虚無的,性愛的な作品を翻訳,A.ドーデの『サフォ』 (1913) ,M.アルツイバーシェフの『サニン』 (14~16) などを出版。 17年間のヨーロッパ生活を通じダダイスムを実践した。晩年失明した。代表作『ピルロニストのやうに』 (20) ,『飢渇信』 (30) ,『無想庵独語』 (48) ,口述筆記による『むさうあん物語』 (57~69) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武林無想庵
たけばやしむそうあん
(1880―1962)

小説家、翻訳家。札幌生まれ。本名盛一。4歳のとき養子となり上京。旧制一高から東京帝国大学英文科に進み、1903年(明治36)小山内薫(おさないかおる)らと『七人』を創刊、国文科に移ったが中退。大正に入ってから雑誌『モザイク』に拠(よ)る。ドーデの『サフォ』やアルツィバーシェフの『サニン』を訳了。大正期のダダイズムの思潮に応じ、辻潤(つじじゅん)と交わり、20年(大正9)から渡欧、帰国を挟み、以後しばしば渡欧、虚無と退廃に身をゆだねた。主著『性慾(せいよく)の触手』(1922)、『文明病患者』(1923)、『無想庵独語』(1948)など。翻訳にゾラの『大地』、バルビュスの『耶蘇(やそ)』がある。流転と飢渇のなかに魂の自由を追った特異な文学者である。[助川徳是]
『『むさうあん物語』全41巻・口述(1957~67・無想庵の会) ▽『現代日本文学大系32 武林無想庵他集』(1973・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

武林無想庵の関連キーワードアルツィバーシェフ水島 爾保布山本 夏彦宮田 文子昭和時代宮田文子小説家

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android