山本 知克(読み)ヤマモト トモカツ

20世紀日本人名事典「山本 知克」の解説

山本 知克
ヤマモト トモカツ

昭和・平成期の日本画家 金沢美術工芸大学名誉教授。



生年
昭和2(1927)年1月14日

没年
平成15(2003)年2月22日

出生地
京都府京都市

学歴〔年〕
京都市立美術専門学校日本画科〔昭和23年〕卒

主な受賞名〔年〕
日本美術展覧会(第9回・昭28年度)「に沿う道」,日本美術展覧会(第10回・昭29年度)「坂に建つ街」,京都市美術展市長賞,紺綬褒章〔昭和37年〕,京都市長表彰状,京都府文化賞功労賞(第10回)〔平成4年〕

経歴
京都画壇の重鎮だった日本画家・山本倉丘長男。堂本印象に師事し、日展に出品。のち会員、評議員ヨーロッパ町並など、風景画を得意とした。京展審査員も務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android