コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町並(み) チョウナミ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐なみ〔チヤウ‐〕【町並(み)】

町ごと。それぞれの町。
町家びぐあい。まちなみ。

まち‐なみ【町並(み)/街並(み)】

町に家々が立ち並んでいるようす。「整然とした―」
軒を並べている家々。町内の家ごと。
「―に出る葬礼には是非なく鳥辺山におくりて」〈浮・永代蔵・二〉
町筋と並行していること。
「表口五間半、裏行き―二十間」〈浄・卯月の紅葉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

町並(み)の関連キーワード京都府京都市右京区嵯峨鳥居本仙翁町ザンジバル島のストーンディズニー長崎県佐世保市ハウステンボス町佐賀県嬉野市塩田町馬場下甲福島県南会津郡下郷町大内徳島県美馬郡つるぎ町貞光愛媛県宇和島市吉田町鶴間愛媛県宇和島市津島町岩松福井県福井市城戸ノ内町豊橋市二川宿本陣資料館愛知県名古屋市東区白壁福井県小浜市小浜鹿島富山県高岡市御馬出町広島県呉市豊町御手洗歴史的町並保存地区レトロスペクティブ歴史的風土保存区域愛媛県伊予市灘町エキゾチシズム

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android