コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堂本印象 どうもといんしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堂本印象
どうもといんしょう

[生]1891.12.25. 京都
[没]1975.9.5. 京都
日本画家。京都の醸造業の家に生れた。本名三之助。京都市立美術工芸学校と京都市立絵画専門学校を卒業後,西山翠嶂に師事。帝展に出品を続け,第1回展に『深草』 (1919,堂本美術館) が入選,第3回展の『調鞠図』 (21) が特選,第6回展の『華厳』 (25) が帝国美術院賞を受け,画壇に地位を築く。 1934年より画塾東丘社を主宰。 24年以来帝展審査員,京都市立絵画専門学校教授,帝室技芸員をつとめ,50年日本芸術院会員,61年文化勲章を受章。京都に堂本美術館がある。主要作品『新聞』 (50,堂本美術館) ,大阪聖マリア聖堂の『聖母マリア』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どうもと‐いんしょう〔ダウもとインシヤウ〕【堂本印象】

[1891~1975]日本画家。京都の生まれ。本名、三之助。初期から各種の技法を駆使し、仏画・寺院襖絵(ふすまえ)を手がけ、第二次大戦後は日本画における抽象表現の追求へと向かった。文化勲章受章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

堂本印象【どうもといんしょう】

日本画家。京都生れ。本名三之助。京都絵画専門学校卒後,西山翠嶂の青甲社に属した。帝展に出品して認められ,1938年には東丘社を主宰。幅広く伝統画派を研究し,戦後は,倦怠(けんたい)と明るさを混在させた洋画的表現に至る。
→関連項目堂本尚郎

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堂本印象 どうもと-いんしょう

1891-1975 大正-昭和時代の日本画家。
明治24年12月25日生まれ。西山翠嶂(すいしょう)にまなぶ。大正10年帝展で「調鞠(ちょうきく)図」が特選,15年「華厳(けごん)」が帝国美術院賞。昭和11年母校京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)の教授。寺院の障壁画などを数おおく制作したが,戦後は抽象画も手がけた。芸術院会員。36年文化勲章。昭和50年9月5日死去。83歳。京都出身。本名は三之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうもといんしょう【堂本印象】

1891~1975) 日本画家。京都生まれ。本名、三之助。伝統的日本画に近代的作風を吹き込み、戦後は抽象的な画風に転じた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堂本印象
どうもといんしょう
(1891―1975)

日本画家。京都生まれ。1910年(明治43)京都市立美術工芸学校図案科を卒業して西陣(にしじん)の織物工房に勤めるが、画家を志して、1918年(大正7)に京都市立絵画専門学校に入学。研究科に進んで1924年に同科を修了。在学中から西山翠嶂(すいしょう)に師事し、1919年の第1回帝展に『深草(ふかくさ)』が初入選。第3回展『調鞠(ちょうきく)図』の特選を経て、翌第4回展の『訶梨帝母(かりていも)』で帝展無鑑査となり、1924年に帝展審査員。翌1925年には『華厳(けごん)』で帝国美術院賞を受けた。またこのころから寺院の襖絵(ふすまえ)などを数多く制作し、日本や東洋の古典を清新な感覚と華麗な色彩で近代に生かした画風によって名声を博した。1930年(昭和5)京都市立美術工芸学校教諭、1936年には京都市立絵画専門学校教授となり、1944年に帝室技芸員となった。第二次世界大戦後も日展を中心に活躍を続け、日本画における抽象を求める。1950年(昭和25)に日本芸術院会員となり、1961年に文化勲章を受章。1966年に京都の自邸の近くに自作を展示する堂本美術館(現、京都府立堂本印象美術館)を開設。著書も多く、門人に三輪晁勢(みわちょうせい)などがある。抽象画家堂本尚郎(ひさお)は甥(おい)にあたる。[二階堂充]
『堂本美術館監修『画集 堂本印象』(1980・京都書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

堂本印象の関連キーワード京都府京都市北区平野上柳町京都府立堂本印象美術館中土佐町立美術館田中 緑紅山本 知克山本 倉丘西山 翠嶂三輪 晁勢大日躬世子堂本元次根本大塔昭和時代三輪晁勢山本知克曲子光男岩沢重夫三輪晁久沢野文臣山本倉丘久保吉郎

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堂本印象の関連情報