山本以南(読み)やまもと いなん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本以南 やまもと-いなん

1736-1795 江戸時代中期-後期の俳人。
元文元年生まれ。山本秀子の夫。良寛の父。越後(えちご)(新潟県)出雲崎の名主山本家(橘屋)の養子となる。加藤暁台(きょうたい)にまなぶ。国学にも通じ,尊王論「天真録」をのこして寛政7年7月25日京都桂川で投身自殺した。60歳。本姓は新木。名は泰雄。通称は左門。別号に如翠。
【格言など】そめいろの山をしるしに立ておけば我がなきあとはいつの昔そ(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android