山本基庸(読み)やまもと もとつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本基庸 やまもと-もとつね

1657-1725 江戸時代前期-中期の書家。
明暦3年生まれ。加賀金沢藩士。京都で持明院基時にまなび,独自の書体をあみだした。また室鳩巣(むろ-きゅうそう)に詩文をまなび,和歌にもすぐれた。享保(きょうほう)10年7月15日死去。69歳。前名は惟明。(あざな)は子遠。通称源右衛門は亀井庵。著作に「持明院入木道書式」「微妙(みみょう)公御夜話」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android