コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本時憲 やまもと じけん

1件 の用語解説(山本時憲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本時憲 やまもと-じけん

?-1847 江戸時代後期の暦算家。
藤田嘉言(よしとき)にまなぶ。幕府天文方暦作手伝となり,文政10年「開商算題術解」をあらわした。弘化(こうか)4年2月6日死去。因幡(いなば)(鳥取県)出身。通称は文之進。号は緱山憲。著作に「校時暦交食法算例」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山本時憲の関連キーワード笹川繁蔵ローゼン鉱化剤女流文学リベリア内戦メンデルスゾーン南部三閉伊一揆リベリア杉山英全日本マスターズ陸上競技選手権大会

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone