山本梅崖(読み)やまもと ばいがい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本梅崖 やまもと-ばいがい

1852-1928 明治-大正時代の漢学者,自由民権運動家。
嘉永(かえい)5年2月12日生まれ。山本澹泊斎(たんぱくさい)の。自由民権を説いて「大阪新報」「岡山稚児(ちご)新聞」などで活躍。明治18年大阪事件で檄文(げきぶん)をかき投獄される。出獄後は15年に大阪にひらいた梅清処塾で漢学教授に専心した。昭和3年9月6日死去。77歳。土佐(高知県)出身。名は。著作に「梅清処文鈔」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android