コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本竟山 やまもと

美術人名辞典の解説

山本竟山

書家。岐阜県生。名は由定、通称は卯兵衛、別号に襲鳳。書を神谷簡斎・日下部鳴鶴に学ぶ。中国に渡り、金石学・古碑法帖等を研究。また呉昌碩楊守敬と交わって大きく影響を受け、その勁抜な筆致で知られる。昭和9年(1934)歿、75才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本竟山 やまもと-きょうざん

1863-1934 明治-昭和時代前期の書家。
文久3年9月28日生まれ。日下部鳴鶴(くさかべ-めいかく)にまなび,清(しん)(中国)に遊学して楊(よう)守敬らと交遊した。京都に塾をひらき,泰東書道院などの顧問をつとめた。昭和9年1月24日死去。72歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。名は由定。通称は右兵衛。別号に聾鳳。著作に「竟山学古」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山本竟山の関連キーワード辻本史邑

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android