コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本笠山 やまもと りゅうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本笠山 やまもと-りゅうざん

1838-1899 幕末-明治時代の医師。
天保(てんぽう)9年生まれ。長崎で医学をおさめ,篆刻(てんこく)を小曾根乾堂(こぞね-けんどう)にまなぶ。ついで阪谷朗廬(さかたに-ろうろ),大沼枕山(ちんざん)に師事。尊攘(そんじょう)をとなえるが,父の死で郷里美作(みまさか)(岡山県)にかえり,医業をついだ。明治32年5月死去。62歳。名は篤。字(あざな)は子行。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山本笠山の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android