コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本背松 やまもと はいしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本背松 やまもと-はいしょう

1822-1874 幕末-明治時代の儒者。
文政5年生まれ。園田一斎にまなび,伊勢(いせ)津藩につかえる。のち大坂,京都でおしえ,公家の高松保実(やすさね)の名をかりて,国事に関する意見をたびたび孝明天皇に上申した。明治7年7月12日死去。53歳。名は正修。字(あざな)は子修。通称は掃部。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山本背松の関連キーワードおもなお雇い外国人粗粒玄武岩宇田川榕菴島義勇島義勇自由民権運動わが祖国ペドロ烏亭焉馬(1世)グラント

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone