コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本誠之助 やまもと せいのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本誠之助 やまもと-せいのすけ

1843*-1893 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)13年12月18日生まれ。東本願寺学僧にえらばれて京都に出,神戸で洋学をまなぶ。戊辰(ぼしん)戦争の際,還俗して出羽(でわ)久保田藩のために軍艦を購入,援軍軍資金をはこぶ。維新後大阪にうつり,正確な度量衡器必要性を感じてその開発に成功した。明治26年8月12日死去。52歳。出羽(でわ)能代(秋田県)出身。初名は大芳。号は権堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山本誠之助の関連キーワード明治時代実業家天保

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android