コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本迂斎 やまもと うさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本迂斎 やまもと-うさい

1819-1889 幕末-明治時代の儒者。
文政2年生まれ。山本澹泊斎(たんぱくさい)の長男。広島で坂井虎山にまなび,土佐(高知県)佐川にかえって高知藩の重臣深尾氏の郷校名教館の助教,教授となる。維新後は「迂斎弊帚」などの著述に専念した。明治22年4月5日死去。71歳。土佐出身。名は謙。字(あざな)は自牧。通称は虎之助,曾太之丞。別号に竹園,国香園。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山本迂斎の関連キーワード橋本宗吉森鴎外近・現代ラテンアメリカ史(年表)おらが春アンベールブリジェンス石田春律各務文献振鷺亭林国雄

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android