コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本達郎 やまもとたつろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山本達郎
やまもとたつろう

[生]1910.6.16. 東京
[没]2001.1.24.
東洋史家。松村姓に生れるが,山本達雄の養子となり改姓。 1933年東京大学東洋史学科卒業。東方文化研究所研究員を経て,42年東京大学助教授,49~71年同教授。退官後 72年国際基督教大学教授。 75年国際哲学人文科学協議会会長。『鄭和征西』で国際的な評価を得て以降,ベトナム史の空白を埋めるべく研究を深め,1952年『安南史研究』で学士院賞を受賞。パリやサイゴンにおもむいて資料の収集,調査を行い,10世紀のベトナムが中国王朝の支配から脱却し,元・明王朝の征服に抵抗していく過程を明らかにした。ベトナムの対中国交渉史,南海交通史,唐代田制,戸制などの研究に加えてインド・イスラム文化諸王朝の考古学的調査も行っている。 67年学士院会員。 86年文化功労者。 98年文化勲章受章

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本達郎 やまもと-たつろう

1910-2001 昭和-平成時代の東洋史学者。
明治43年6月16日生まれ。山本達雄の孫で,養子。昭和24年東大教授となる。のち国際基督教大教授。南方史研究会(現東南アジア史学会)を組織。27年「安南史研究」で学士院賞。平成10年文化勲章。平成13年1月24日死去。90歳。東京出身。東京帝大卒。旧姓は松村。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山本達郎の関連キーワードディン・ボーリン国民会議派白鳥庫吉丁朝呉朝

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山本達郎の関連情報