コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山村勉斎 やまむら べんさい

2件 の用語解説(山村勉斎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

山村勉斎

儒者。出雲生。名は良行、字は聞伯、別号に半城。塩谷宕陰に学ぶ。程朱学派。出雲広瀬藩儒臣。維新後島根県師範学校講師となる。明治40年(1907)歿、72才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山村勉斎 やまむら-べんさい

1836-1907 幕末-明治時代の儒者。
天保(てんぽう)7年8月28日生まれ。江戸で大沼枕山(ちんざん),塩谷宕陰(しおのや-とういん)にまなび,帰郷して出雲(いずも)(島根県)広瀬藩の藩校漢学所教授となる。明治7年修文館を創立し,のち島根師範講師をつとめた。明治40年4月30日死去。72歳。名は良行。字(あざな)は聞伯。通称は十郎。別号に半城。著作に「四書五経磨鏡録」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

山村勉斎の関連キーワード泉家胤辛島蘭軒武田敬孝富田鴎波林双橋桃節山森鴎村保田久成渡辺碩也伊藤輶軒

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone