コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山村勉斎 やまむら べんさい

美術人名辞典の解説

山村勉斎

儒者。出雲生。名は良行、字は聞伯、別号に半城。塩谷宕陰に学ぶ。程朱学派。出雲広瀬藩儒臣。維新後島根県師範学校講師となる。明治40年(1907)歿、72才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山村勉斎 やまむら-べんさい

1836-1907 幕末-明治時代の儒者。
天保(てんぽう)7年8月28日生まれ。江戸で大沼枕山(ちんざん),塩谷宕陰(しおのや-とういん)にまなび,帰郷して出雲(いずも)(島根県)広瀬藩の藩校漢学所教授となる。明治7年修文館を創立し,のち島根師範講師をつとめた。明治40年4月30日死去。72歳。名は良行。字(あざな)は聞伯。通称は十郎。別号に半城。著作に「四書五経磨鏡録」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山村勉斎の関連キーワード並河 理二郎谷口 廻瀾明治時代谷口廻瀾儒者