コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一竜斎貞山 イチリュウサイテイザン

デジタル大辞泉の解説

いちりゅうさい‐ていざん【一竜斎貞山】

[1799~1855]講談師初世。本名、中村貞之助。金城斎典山門弟で、のちに大貞山と称された。伊達政宗と同じ独眼であったので、政宗の法名の貞山院殿によって、貞山と号した。得意とした出し物は「伊達評定」。芸名は継承されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

一竜斎貞山【いちりゅうさいていざん】

講談師。初世は江戸末期の人。5世〔1863-1935〕は本名青山岳次郎。時代物世話物ともに巧みにこなし,名人と称された。のち錦城斎典山襲名。6世〔1876-1945〕は本名桝井長四郎。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちりゅうさいていざん【一竜斎貞山】

講釈師の芸名。金上斎典山門下の初代(?‐1855)が,独眼であったところから,伊達政宗の法号貞山院殿にあやかり名のったもの。以後は,錦城斎典山となって没した本名青山岳次郎の5代目(1863‐1935),《義士伝》を得意とし,講釈師でありながら落語協会会長に推された本名桝井長四郎の6代目(1876‐1945),怪談噺で人気のあった佐藤貞之助の7代目(1907‐66)が有名。【矢野 誠一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いちりゅうさいていざん【一竜斎貞山】

(初代)(1799~1855) 講談師。本名、中村貞之助。「伊賀の水月」「伊達騒動」などを得意とした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一竜斎貞山
いちりゅうさいていざん

講釈師。

初代

(1799―1855)本名中村貞之助。初代金上斎(きんじょうさい)典山の門人。独眼で伊達政宗(だてまさむね)を崇拝し、その法号貞山院にちなんで芸名としたという。『義士伝』『伊達騒動』を得意とし、大貞山とよばれた。[延広真治]

2代

(1839―74)本名杉江某。『黒手組助六(くろてぐみすけろく)』など世話物を得意とする一方、1858年(安政5)『岩見重太郎実記』を上梓(じょうし)。住所にちなみ矢ノ倉貞山とよぶ。[延広真治]

3代

(1835―89)本名内山孝吉(孝七とも)。『義士伝』『伊賀の水月(すいげつ)』などを得意とし、貞山を譲ってから錦城斎一山(きんじょうさいいっさん)となる。軍談師頭取の任にあった。4代目(1836―90)は昇竜斎貞丈が1885年(明治18)に襲名し、5代目(1864―1935)は3代目錦城斎典山の前名。[延広真治]

6代

(1876―1945)本名枡井(ますい)長四郎。1907年(明治40)襲名。水道講談といわれるほどの名調子で『義士伝』を得意とし、39年(昭和14)より講談組合頭取と落語協会会長を兼ねた。東京大空襲で溺死(できし)[延広真治]

7代

(1907―66)本名佐藤貞之助。1947年(昭和22)襲名。貞山派のお家芸を継承するとともに怪談物を得意とした。[延広真治]

8代

(1947― )本名小村井貞夫。7代目の実子、6代目神田伯竜の養子。1979年(昭和54)襲名。[延広真治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

一竜斎貞山の関連キーワード一龍斎 貞山(3代目)春風亭 柳条(初代)錦城斎典山(3代)錦城斎典山(2代)一竜斎貞山(3代)錦城斎典山(初代)桃川如燕(2代)神田山陽(2代)大島伯鶴(2代)早川 貞水国井 紫香山野 一郎伊達騒動桃川如燕山野一郎怪談咄邑井一伊賀水月

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android