コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山根華陽 やまね かよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山根華陽 やまね-かよう

1697-1772* 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)10年生まれ。河野養哲にまなび,長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩の藩校明倫館の司典(図書管理係)となる。京都,江戸に遊学ののち,明倫館の山県周南にまなび,宝暦9年学頭に就任。明和8年12月28日死去。75歳。周防(すおう)(山口県)出身。名は之清。字(あざな)は子濯(したく)。通称は七郎左衛門。著作に「華陽先生文集」「高松記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山根華陽の関連キーワード波多兼虎栗山孝庵山根南溟儒者

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android