コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山潮菜

デジタル大辞泉プラスの解説

山潮菜

福岡県久留米市で生産される葉物野菜。カラシナの一種。江戸時代の中ごろ、筑後川上流で発生した山崩れの際に、中流域の三井郡弓削村まで流れてきた種子が定着したものと言われる。この山崩れ現象を、当地の方言で「やましお」と呼ぶことから、この名がついた。「山汐菜」の表記もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

山潮菜[葉茎菜類]
やましおな

九州・沖縄地方、福岡県の地域ブランド。
主に久留米市で生産されている。江戸時代、大雨による山潮(山津波)で、大分県の久住高菜の種子が流れつき、自生したといわれている。自生地に近い、三井郡弓削村(現・久留米市北部)で栽培が始まった。葉カラシナの一種で、独特の辛みがあり、主に山潮漬けにされる。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

山潮菜の関連キーワード福岡県久留米市

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android