コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山潮菜

1件 の用語解説(山潮菜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

山潮菜

福岡県久留米市で生産される葉物野菜カラシナの一種。江戸時代の中ごろ、筑後川上流で発生した山崩れの際に、中流域の三井郡弓削村まで流れてきた種子が定着したものと言われる。この山崩れ現象を、当地の方言で「やましお」と呼ぶことから、この名がついた。「山汐菜」の表記もある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山潮菜の関連キーワード久留米しろうり福岡県久留米市上津福岡県久留米市上津町福岡県久留米市篠山町福岡県久留米市高野福岡県久留米市西町福岡県久留米市東櫛原町福岡県久留米市本町福岡県久留米市御井町福岡県久留米市南

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone