コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田三川 やまだ さんせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田三川 やまだ-さんせん

1804-1862 江戸時代後期の儒者。
文化元年2月20日生まれ。津阪東陽の甥(おい)。昌平黌(しょうへいこう)でまなぶ。蝦夷地(えぞち)松前藩につかえたのち,嘉永(かえい)5年上野(こうずけ)(群馬県)安中藩主板倉勝明にめしかかえられる。経済に精通し御金奉行,郡奉行などをつとめる。藩校造士館でおしえた。文久2年8月15日死去。59歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。名は飛。字(あざな)は致遠。通称は三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山田三川の関連キーワード儒者

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android