コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津阪東陽 ツサカトウヨウ

デジタル大辞泉の解説

つさか‐とうよう〔‐トウヤウ〕【津阪東陽】

[1757~1825]江戸後期の儒学者。伊勢の人。名は孝綽。字(あざな)は君裕。東陽は号。京都で古学を独学、郷里津藩主に招かれ藩儒として藩校有造館の初代督学となる。著作に「聿脩(いっしゅう)録」「孝経発揮」「夜航詩話」「東陽先生詩文集」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津阪東陽 つさか-とうよう

1758*-1825 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦7年12月26日生まれ。京都で独学で古学をおさめ私塾をひらく。郷里伊勢(いせ)(三重県)の津藩主藤堂高嶷(たかさと)にまねかれ,伊賀(いが)上野でおしえる。藩校有造館初代督学。文政8年8月23日死去。69歳。本姓は山田。名は孝綽(こうしゃく)。字(あざな)は君裕。通称は常之進。姓は津坂ともかく。著作に「聿修(いっしゅう)録」「孝経発揮」「夜航詩話」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つさかとうよう【津阪東陽】

1757~1825) 江戸後期の儒者。伊勢の人。名は孝綽、字あざなは君裕、東陽は号。京都で古学を独学し津藩儒となって文教を盛んにした。著「孝経発揮」「夜航詩話」「東陽先生詩文集」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

津阪東陽 (つさかとうよう)

生年月日:1757年12月6日
江戸時代中期;後期の漢学者
1825年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

津阪東陽の関連キーワード富岡吟松津坂孝綽藤堂高芬生年月日山田三川津阪拙脩早崎巌川川村竹坡藤堂長観儒者

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android