コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津阪東陽 ツサカトウヨウ

3件 の用語解説(津阪東陽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つさか‐とうよう〔‐トウヤウ〕【津阪東陽】

[1757~1825]江戸後期の儒学者。伊勢の人。名は孝綽。字(あざな)は君裕。東陽は号。京都で古学を独学、郷里津藩主に招かれ藩儒として藩校有造館の初代督学となる。著作に「聿脩(いっしゅう)録」「孝経発揮」「夜航詩話」「東陽先生詩文集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津阪東陽 つさか-とうよう

1758*-1825 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦7年12月26日生まれ。京都で独学で古学をおさめ私塾をひらく。郷里伊勢(いせ)(三重県)の津藩主藤堂高嶷(たかさと)にまねかれ,伊賀(いが)上野でおしえる。藩校有造館初代督学。文政8年8月23日死去。69歳。本姓は山田。名は孝綽(こうしゃく)。字(あざな)は君裕。通称は常之進。姓は津坂ともかく。著作に「聿修(いっしゅう)録」「孝経発揮」「夜航詩話」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

つさかとうよう【津阪東陽】

1757~1825) 江戸後期の儒者。伊勢の人。名は孝綽、字あざなは君裕、東陽は号。京都で古学を独学し津藩儒となって文教を盛んにした。著「孝経発揮」「夜航詩話」「東陽先生詩文集」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津阪東陽の関連キーワード羅城徳田椿堂斧木国包(10代)斎藤正順三鍼高田三節(初代)樗雲出目満総平秩東作(2代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone