コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田大円 やまだ だいえん

1件 の用語解説(山田大円の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田大円 やまだ-だいえん

1765-1831 江戸時代中期-後期の医師。
明和2年生まれ。橘南谿(たちばな-なんけい)に師事し,長崎でオランダの眼科学をまなぶ。近江(おうみ)膳所(ぜぜ)藩につかえ,文化12年法橋(ほっきょう)。国友藤兵衛の空気銃製作に協力,また長崎で勉学中の高野長英をたすけた。天保(てんぽう)2年7月5日死去。67歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。名は久重。字(あざな)は士遠。号は謙斎。別名に松原見朴。著作に「眼科提要」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山田大円の関連キーワード中野碩翁十返舎一九十返舎一九十返舎一九十返舎一九十返舎一九ゲーテ(年譜)ゴローニンメイランペドロ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone