山田常雄(読み)やまだ つねお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田常雄 やまだ-つねお

1909-1997 昭和-平成時代の発生生物学者。
明治42年1月20日生まれ。昭和26年名大教授。36年オークリッジ国立研究所にうつり,アメリカに帰化。のちスイス国立実験がん研究所特別研究員。形態形成における重複ポテンシャル論を提唱し,形成体にふくまれる誘導物質たんぱく質であると主張した。門下に大沢省三,岡崎令治らがいる。平成9年8月28日スイスで死去。88歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android