コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田弁道 やまだ さだみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田弁道 やまだ-さだみち

1821-1891 幕末-明治時代の国学者。
文政4年7月生まれ。江戸で平田銕胤(かねたね)の門にまなび,郷里信濃(しなの)(長野県)小諸(こもろ)にかえって家業の修験(しゅげん)職をつぐ。ペリーの来航時,朝廷の命をうけ吉野(奈良県)で外敵退散を祈祷(きとう)。明治6年「信陽新報」を発刊した。明治24年4月12日死去。71歳。号は吟泉,葵園。著作に「浅間神社考」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山田弁道の関連キーワードファナリオテスバイロンマンゾーニメキシコ美術バーナムドボルザーク(Antonín Dvořák)マッキム・ミード&ホワイトワイルドイグナチー ポタペンコドミトリー マミン・シビリャーク

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone