コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田正秋 やまだ まさあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田正秋 やまだ-まさあき

1820-1902 幕末-明治時代の歌人。
文政3年6月生まれ。郷里の越前(えちぜん)(福井県)証誠(しょうじょう)寺の善超にまなぶ。大田垣蓮月らと親交をむすび,家集に「山田のみなし穂」がある。30歳のころ敦賀(つるが)の油屋山田家をつぐが,事業に失敗した。明治35年4月28日死去。83歳。本姓は富山。通称は市太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山田正秋の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android